カテゴリ:美術館( 1 )

偉才・極彩・北斎。

c0332913_17300004.jpg

先月末、歳の離れた友人から招待券を譲ってもらい、
上野の森の美術館まで北斎の絵を見に行きました。

雨降りの平日pm3:00。
美術館に着いてびっくり!
なんと入場するのに60分待ちと言われた為、日を改めることに、、、
恐るべし北斎。

後日リベンジ。
開館と共に入館しすぐさま熱気に包まれる会場。
事前にネットで調べていた情報どおり、絵が細か~い!
皆さん目をこらしてじっくり眺めていました。

日本人ならおそらく一度は目にしたことがあると思われるこの絵とか↓
c0332913_16540177.jpg
この絵とか
c0332913_16543369.jpg
意外と実物は小さいのです。

私の一番のお気に入りは、
ぴゅ~っと吹いている風の音が聞こえてくるようなこちらです↓
c0332913_16542001.jpg
富嶽三十六景・駿州江尻(すんしゅうえじり)



~晩年の北斎が弟子露木為一に語っている。

「9月下旬から4月上旬まではこたつにはいり続け、

どんな人が訪れようとも画を書くときも、こたつを出ることはなく、
疲れたら横の枕で寝るし目覚めたら画を描き続ける。

昼夜これを続けた。
夜着の袖は無駄だから着ない。

こたつに入りつづけると炭火はのぼせるから炭団を使う。
布団にはしらみが大発生した。」~

このエピソードを聞いて、

やっぱり私もこれくらいしなきゃダメだわ

と思いました。

北斎の絵については私があれこれ言うよりも機会があれば是非生で見て下さいませ^^

☆オマケ
期限が近いからと、友人がわざわざ速達で招待券を送ってくれたのですが、
偶然ですがその切手が大好きな星モチーフでした☆☆
キラキラ~*:.。☆..。.(´∀`人)

c0332913_17260963.jpg












[PR]
by tumuguhito | 2014-11-14 17:43 | 美術館